雑記 ヒトリグラシ



「ただいま」



家のドアを開け、彼女は口の中で呟く。

一人暮らしをするにあたって職場の先輩から教わった防犯知識の実践である。

なんでも女の一人暮らしと周囲に悟られないための方策の一つだそうである。

教わった当初は元気に挨拶していた。

しかし日々が過ぎていくうち、誰もいない空間に挨拶するという行為が自分がたった一人であることを容赦なく自覚せしめる事に気付いてから、それは疲れと虚しさを募らせる苦行に変わってしまった。

虚空への挨拶は半ば惰性で続けているだけである。


仕事も惰性で続けてるだけなんじゃないのかな。

生きてるのも惰性なんじゃないのかな。



ドアに鍵を掛け雑念を振り払うよう乱暴にスーツを脱ぎ散らかしながら一路手洗いへ。

上がっていた便座を下げ、ほっと一息。

個室から出、手を洗いながらふと気付く。

女が便座を上げることは掃除の時以外、ない。

ならば


誰が、上げた?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント