ContourHD 1080pを雪山で使ってみた(逆光編)

 ナイター編に続きましてContourHD 1080pを雪山の逆光下で使ってみましたよ。
 場所はイワオヌプリ山頂(http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=425307&l=1403827)から大体南西方向に向かってます。天気は晴れ。時刻は12時40分頃。太陽が頭上真上から少し西に傾いたぐらい。
 その太陽に向かうという普通のビデオカメラにとってもキビシイ条件です。
 はたしてContourHD 1080pはハレーションを起こさず撮影できるのでしょうか?



 はい、無理でした!
 実際はアンヌプリがとても綺麗だったんですけどねぇ……。

 前回の記事と今回の結果をあわせますとContourHD 1080pは、
 ・夜でも光量が十分な場所(リフト乗り場、コース内)では十分綺麗に撮影可能だが、光量の乏しい場所ではキビシイ。
 ・逆に光量が必要以上にある場所(晴天+逆光)では実用に堪えない。
ということになりましょうか。
 こんな風に書いてしまうとContourHD 1080pが使えない子のように思えてしまいますが、普通のビデオカメラにとっても上記の条件はキビシいはずです。絞り値やら露出やら細かい設定が出来ない分、ContourHDの方が不利というべきでしょう。
 まぁ、そもそも普通のビデオカメラと比較するような代物でもないですけども。
 次回の更新ではそんなに厳しくない条件で撮った映像を載せようとおもいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック