対蜀制覇戦最終回

 終わるのが惜しいぃぃぃぃっ!
 というより不完全燃焼のぼよよんです、皆様こんばんは。
 18日は対蜀制覇戦の最終回でした。結果は三陣三敗。
 負けるのはある意味しょうがないです。戦いは勝つか負けるか二つに一つなわけですから。

 けど負け方がどうもよくない。
 特に二陣!二陣は張飛に負けたといっても過言ではない!
 なんでよりによって突撃でぶつかり合ってるど真ん中に降臨しやがりますかね。それも二度も!
 ヤツの攻撃は1000ダメージとかでるわけです。それも範囲で。
 沈黙のおまけつきです。それも範囲で。
 なすすべないわけです。1000ダメージくらって沈黙いれられたら逃げるしかないわけですよ。丹さんも沈黙くらってるから回復波も浄化も期待できないですからね。ただでさえ人数差で四苦八苦してるというのに!当然、そうなるとラインなんか維持できるもんじゃないわけです。
 一方のそのころ周瑜は灼熱地獄を連発してましてね。もうね、アホかと。バカかと。
 かつて、蜀から呉へ移籍したとき、蜀や魏に比べるとどうしても武将が見劣りしてどの武将につくかで悩んだわけです。その武将の格の違いがこんな時にこんなカタチで現れるとは思いもよりませんでしたよ。

 それから三陣!
 三陣の人数差は連合二つ分ぐらいでしたかな。その差と呉の脳筋ぶりがあいまって押し切られたような感じですなぁ。呉の脳筋ぶりは今に始まったことではないのでしょうがないwむしろよく頑張ったような気がする!気のせいかもしれないけど!よく頑張ったということにしておこう!

 そして最後にひとこと言いたい。













 魏に移籍したかった!

 それが不完全燃焼の一番の理由だったりしますw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック