停電時の暖房にカイロなどどうでしょう。

 計画停電が実施されてますね。
 電気も灯油も使わない暖房器具としてカイロなどはいかがでしょうか。

 私が薦めたいのは使い捨てカイロではなく、燃料注入式のハクキン懐炉です。
画像
カイロの王様だよ!この笑顔だよ!


なにが良いかって、
・火力が強い。
 温度は使い捨てとあんまり変わらないみたいですけど、暖かみが桁違いにスゴイです。
 たとえて言うなら使い捨てカイロの暖かさがマッチ1本分の暖かさだとしたら、ハクキン懐炉はマッチを10本いっぺんに燃やしたぐらい、暖かさの違いが有ります。
 私はバイクに乗るのですが、冬場はバイク乗りにとっては暗黒の季節なのです。どんな高価な防寒具も、ヒマラヤ登頂隊も使っているという発熱素材のインナーもまったくの無力なのですよ、冬にバイクで走るとなると。
 使い捨てカイロもまた無力なのです。その昔、使い捨てカイロを入れられるポケットがついたライダーグローブが売られたことがありました。ライダー達は期待を込めて買い求めました。が、あっという間に支持を失いました。カイロ入れてもまったく温まらなかったのです。じっとしれてばあったかいけど走り出すと寒いという、まったく意味なしアイテムでした。走ることによって延々と新鮮な冷たい空気がグローブに当たり続けるわけで、冷たい空気>使い捨てカイロの熱量の図式を覆せなかったのですな、熱量が低くて。
 肩や腰に貼る使い捨てなんかは無いよりマシな程度で、高速や峠を走ろうものならやっぱり意味なしアイテムと化してしまうのでした。
 しかし!ハクキン懐炉はちがいます!
 ハクキン懐炉を1個、懐に入れて今年の1月に雪が残る箱根~天城峠を走ってきましたが全然問題ない!寒いのに寒くない!ふしぎ!
 まぁ、全然寒くないってことはないんですけど、耐えられない寒さじゃなくなるんですね。
 11月に箱根を走ったときはまだハクキン懐炉をもってなくて使い捨てカイロを腰に貼って行ったんですが、体が寒さで固まってしまい、運転しにくくて恐ろしかった。とても恐ろしかった。
 この経験から何かよい物はないかと探して見つけたのがハクキン懐炉だったのです。

次に良い点としては、
・暖かさが長持ちする。
 使い捨てカイロもうたい文句に「10時間持続」とか「20時間持続」とかありますが、実際にあったかい時間ははるかに短いですよね。最初はあったかいけど段々あたたかくなくなってきて揉んだり擦ったりするけど段々とあたたかくなくなっていきます。
 けど、ハクキン懐炉はホントに大体24時間持つ。それも暖かさを保ったまま!すごい!
 「大体」24時間というのは、外気温によって短くなるっぽいです。部屋で使ってるときはほぼ24時間持ちますけど、バイクで走り行くときは短くなりますね。
 あ、注入する燃料の量を調節することによって持続時間の調節ができるのも使い捨てには出来ない芸当ですね。

欠点もあります。
・臭う。
 燃料に燃料用ベンジンもしくはzippoオイルを使うのですが、いずれにせよ匂いはします。
 懐に入れて外套を着れば殆ど気付かないレベルになりますけど、気になる人は気になるかもしれないです。
・使い捨てに比べて手間が掛かる。
 燃料を注入してマッチかライターで3秒程度暖めて蓋をして低温やけどをしないように小袋に入れる。
 使い捨てに比べると工程が遥かに多いですね。慣れればなんてことないんですけども。

さて、うさんくさい押し売り業者みたいな記事になってしまいましたが、何が言いたいかというと、

個人宅ではお年寄りや体調を崩してる方など体力的に不安がある方々を除いて、関東以南では部屋全体を暖める必要なんて全くない。
真冬ならいざしらず今は3月です。冷え込むとか真冬並みの寒さとかいってもたかがしれてるんです。すぐに陽気は戻るんです。
石油は無限にあるものではありません。私が100リットルの灯油を使えば、次に来る人は、当たり前のことですけど、私が使った分の灯油を使うことはできません。石油が有限である以上、他人の可能性を狭める形で他人に危害を及ぼしている。
有限である以上、必要とする人が必要とする時にのみ、使うべきだと思うのです。お年寄りとか、妊婦さんとか、体調崩してる人とか、体を冷やしたらマズイ人たちがいます。その人たちのためにも、被災地の方々のためにも、エアコンやストーブの使用は控えませんか。健康体ならこの程度の冷え込みは厚着すればしのげます。カイロがあれば完璧です。

ついでに言うとガソリンもです。緊急車両や物流関係車両など、ホントに今必要としている人たちがいます。
その人たちが動けなくなると事態はさらに悪化するのは目に見えてますよね。
消防車が出動できなくなったら?トラックが動けなくなったら?
地震発生当日に電車が全面的に止まったとき、車で帰るより歩いて帰った方が早かったですよね。
有事のとき車は移動手段としては全く役に立たない。それどころか緊急車両の出動を考えればむしろ邪魔。あの大渋滞の時に火事が起きなかったのは僥倖ととらえるべきでしょう。
昼間に2時間もならんで給油したとかニュースでみましたけど、それは、今、必要だったのでしょうか?
昼間に2時間も並んでる余裕のある人が緊急で車を使ってどっか行くとも思えないのですけどね。
いざ避難生活が始まったとき、車で過ごせるようにと言うことであれば、ガソリンを入れるのは「今」である必要はないでしょう。それは先の事でしょう。緊急車両や物流関係者は、「今」必要としています。

ガソリンにしても米やトイレットペーパー等にしても、普通、お店は「足りなくなった人たち」が買いに来る量しかおいてません。「足りてる人たち」が買いに来ることは想定してません。だから「足りてる人たち」がこぞって買いに来れば、当然品切れになります。
けど、品切れになっても翌日には入荷してますよね?
だから、物流は生きてるし、量は、足りてるんです。
「足りてる人たち」までもがこぞって買いにきちゃってるから足りなくなるんです。

必要とする人たち、足りなくなった人たちのためにも、どうか、自重して欲しいと思うのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック